広島市立大学 社会連携センター

Center for Industry and Public Relations, Hiroshima City University

広島市立大学社会連携センターのホームページへようこそ.

広島市立大学は,広島市の発展や地域社会の活性化に貢献できる大学を目指しています.
社会連携センターは,地域の皆様,産業界の皆様と大学とをつなぐ窓口です.
お気軽にご相談・お問い合わせください.
731-3194 広島市安佐南区大塚東三丁目4−1 
Tel: (082) 830-1764 / Fax: (082) 830-1555
社会連携センター shakai@office.hiroshima-cu.ac.jp (@を半角に変えてお送りください.)

2015年9月11日

広島市立大学産学連携研究発表会一覧

コメントは受け付けていません。, 地域連携, 産学連携, by 連携推進室.

開催場所:合人社ウェンディひと・まちプラザ(広島市まちづくり市民交流プラザ)(広島市中区袋町6番36号)

年度 テーマ 開催日時 開催概要 状況
2015 医工連携と情報科学 平成27年9月10日(木)
13:00~16:30
2014 開催しました
2014 今、感性がすごい! 平成26年9月3日(水)
13:00~16:30
2014 開催しました
2013 広島ものづくり最前線 平成25年9月18日(水)
13:00~16:50
2013 開催しました
2012 地域イベント活性化のための情報通信技術の活用 平成24年9月19日(水)
13:00~16:50
2012 開催しました
2011 次世代自動車とシステムLSI 設計技術 平成23年9月14日(水)
13:00~17:00
2011 開催しました
2010 情報医工学を核とした産学公連携 平成23年1月21日 (金)
13:00~17:00
2010 開催しました

2015年8月26日

インテレクチャル・カフェ広島について

コメントは受け付けていません。, 未分類, by 連携推進室.

広島地域における大学などの若手研究者と、産業界・金融機関・行政等が交流し、
新技術・新製品の開発や新事業を生み出すネットワークの形成を目指し、
『インテレクチャル・カフェ』を定期的に開催しています。

 詳細や今までの活動につきましては、こちらを参照ください。

2015年4月8日

市大生チャレンジ事業の第2回実施報告会を開催しました

コメントは受け付けていません。, 未分類, by 連携推進室.
2月27日(金)、平成26年度「市大生チャレンジ事業」の第2回実施報告会を開催しました。 

この事業は、本学学生の豊かな人間性を育むとともに、自主性や問題解決能力を養成することを目的として、学生が自主的に計画し実施する社会貢献活動について、大学がその費用の一部を助成するものです。

平成26年度は、6件のプロジェクトを採択し、今回は第2回実施報告会として、4つのプロジェクトについて学生が報告をしました。

「市大生によるパソコンなんでも相談室2014 秋」 

代表者 情報科学研究科1年 菊池 光太朗
「地域における情報リテラシーの向上および情報モラルの育成」
代表者 情報科学研究科2年 北山 翔馬

「パイオニアプロジェクト」
代表者 芸術学部2年 板井 三那子

「広島市域でのプログラミング技術の普及活動」
代表者 情報科学部3年 岩崎 圭太

 

 

実施報告会では、活動に携わった学生たちが、教職員等に活動内容、成果、そして今後の課題などをプロジェクターを用いて分かりやすく発表しました。また、発表後は、質疑応答が活発に行われました。 

 

 

2014年12月9日

市大生チャレンジ事業の第1回報告会を開催しました

コメントは受け付けていません。, 地域連携, 市大生チャレンジ(旧:社会貢献型自主プロジェクト), by 連携推進室.

12月3日(水)に
「市大生チャレンジ事業」の第1回報告会を開催しました。

この事業は、本学学生の豊かな人間性を育むとともに、
自主性や問題解決能力を養成することを目的として、
学生が自主的に計画し実施する社会貢献活動について、
大学がその費用の一部を助成するもので、
平成26年度は6件のプロジェクトが採択され、
今回はそのうち2つのプロジェクトの報告をしていただきました。
報告会は、活動に携わった学生の皆さんが、
学内教職員などにその成果を発表したものです。
活動内容や成果、今後の課題などを
プロジェクターを用いて分かりやすく発表し、
発表後の質疑応答も活発に行われました。

第2回報告会は2月以降に予定しておりますので、ぜひご参加ください。

平成26年度に採択されたプロジェクト

2014年8月6日

市大生チャレンジ事業採択 広島平和ポスター展「pray for peace 2014」

コメントは受け付けていません。, 地域連携, 市大生チャレンジ(旧:社会貢献型自主プロジェクト), by 連携推進室.

実習課題で制作した平和ポスターをアストラムライン駅内通路で展示

~昨年はギャラリー展示、今年は学外「広告」へ!~

 

広島市立大学芸術学部デザイン工芸学科視覚造形
平和ポスター展
「pray for peace 2014」 

会期:2014年8月4日(月)- 8月10日(日
場所:アストラムライン駅内通路
「県庁前駅」前通路・市民病院方面通路
「本通駅」広島市信用組合方面通路
主催・企画:pray for peace 2014 制作実行委員会

(DMより)
視覚造形では、毎年実習課題として平和ポスターを制作しています。今回展示するポスターは、今年制作された全33点の中から20点を選出いたしました。な お展示の企画と運営は、すべて3年生による学生の自主企画展示として行われます。昨年度は旧日本銀行広島支店で展示を行いましたが、今年はアストラムライ ン「本通駅」「県庁前駅」内通路において、初めての「広告」としての展示となります。
10代から20代の若い世代が表現する、「広島から発信する平和」をご覧いただければ幸いです。

 

※ 初めての「広告」について(pray for peace 2014 制作実行委員会・代表:平川さんのコメント)
普段平和ポスターは、ギャラリースペースなどお借りして展示会を行う形式でした。つまり、本来の目的である広告の役割ではなく、興味のある人が見に来るという形式でした。今回は、その表現方法を脱出することが目的です。

 

この企画は、平成26年度「市大生チャレンジ事業」に採択されています。
http://www.hiroshima-cu.ac.jp/campuslife/content0014.html

 

【Facebookページ】
https://www.facebook.com/events/691415874251518/permalink/713892398670532/

 


 

2013年11月15日

社会連携プロジェクト                            ~中山間地域でのフィールドワークの実施~

コメントは受け付けていません。, 未分類, by 連携推進室.

平成25年度学社会連携プロジェクトとして採択された「中国地方中山間地域の活性化プロジェクト」の一環である、フィールドワークを島根県邑智郡で実施しました。

登山道を整備するため電動のこぎりで木を切る学生

 本学国際学部と島根県邑智郡との交流は2012年から始まっており、
地域住民の方と具体的に地域活性化の仕事を行う事で、
学生たちに中山間地域の現状を理解させ、
地域貢献の大切さ・解決策を考える機会を
与えることを目的としています。

今年度は同郡美郷町、邑南町へ本学国際学部の学生(計40名)と教員がおもむき、
昨年度造成したホンモロコ養殖池の整備や地元神楽の手伝い、
久喜・大林銀山遺跡への登山道作りを地元住民の方から教わりながら行いました。
参加した学生からは「歴史を学ぶ場を整え、地域を盛り上げたい」等の声が上がっていました。   

今後は、邑智郡の三郷町・邑智町とも連携し、地元の子供たちの英語教室の開催や地域に眠る貴重な産業遺跡を保全する活動に協力し、交流を深めていく予定です。