広島市立大学 社会連携センター

Center for Industry and Public Relations, Hiroshima City University

2013年11月15日

社会連携プロジェクト                            ~中山間地域でのフィールドワークの実施~

未分類, by 連携推進室.

平成25年度学社会連携プロジェクトとして採択された「中国地方中山間地域の活性化プロジェクト」の一環である、フィールドワークを島根県邑智郡で実施しました。

登山道を整備するため電動のこぎりで木を切る学生

 本学国際学部と島根県邑智郡との交流は2012年から始まっており、
地域住民の方と具体的に地域活性化の仕事を行う事で、
学生たちに中山間地域の現状を理解させ、
地域貢献の大切さ・解決策を考える機会を
与えることを目的としています。

今年度は同郡美郷町、邑南町へ本学国際学部の学生(計40名)と教員がおもむき、
昨年度造成したホンモロコ養殖池の整備や地元神楽の手伝い、
久喜・大林銀山遺跡への登山道作りを地元住民の方から教わりながら行いました。
参加した学生からは「歴史を学ぶ場を整え、地域を盛り上げたい」等の声が上がっていました。   

今後は、邑智郡の三郷町・邑智町とも連携し、地元の子供たちの英語教室の開催や地域に眠る貴重な産業遺跡を保全する活動に協力し、交流を深めていく予定です。             

 
 
 
 
 
 

Back Top